セックス目的ということがバレてしまうことは望ましくありません。そうならないための対処法をご紹介します。

セックス以降の女性との付き合い方

女性に好意を持ってもらう

セックスするためには、その女性に男性のことを好きになってもらわなければなりません。
これには出会ってから知人になり、知人から友人になり、友人から好きな男性へと、徐々に関係を深めていかなければなりません。
少しでも、この手間を省くコツとしては、まず出会った時点の第一印象を良くすることです。

 

こうすることで、知人から友人へ発展する時の期間が圧倒的に縮まります。
また、友人から好きな男性へと発展させる時にも期間の短縮が可能です。
最も、これにおいては、あまり友人関係の期間が長すぎると、女性はその関係の居心地が良くなってしまい、そこからの発展に期待できなくなる場合があるので要注意です。

 

 

デートの回数

接する回数に比例して関係が深まりますが、それは知人や友人関係の時に遊んだり、メールを送るなどして実現するべきものです。
このため、デートにおいてはムダに回数をこなす必要はありません。

 

三回デートしたとして、四回目のデートで三回目の時よりも気持ちが強まることはないですし、デートの回数で気持ちが高まるのは、初めてのデートを終え、二回目のデートをする時だけです。
つまり、少しでも早くセックスしたいのであれば、最短で二回目のデートでセックスに誘うことができます。

 

 

セックスした後の女性への対処

そのまま付き合っていれば、定期的にセックスできるので、セックス後に付き合いを続けるか別れるかは男性次第です。
ここで難しいのは後者の選択をした場合、つまり別れたい場合です。
何しろ別れることでセックス目当てがバレてしまいますし、女性はもちろん、周囲の友人も失う可能性があります。

 

そこで、選択として別れを選んだ場合のおススメの方法を紹介していきます。

まず、満足するまでセックスをした後、何でもいいので理由をつけて女性に別れを切り出してください。
おススメなのは女性の短所を責めることです。
どんな女性にも短所があるので、短所を見つけること自体は難しくないですし、その短所を致命的な短所として、別れの理由にすればいいのです。

 

これなら実質付き合ったことになりますし、セックス目当てとも思われません。
ヤリ捨ては手っとり早いものの、周囲の全ての友人を敵にまわしてしまう可能性があるので厳禁です。
それよりもセックスをしながら恋人関係を保っておき、他の女性とセックスしたくなった頃、別れればいいのです。

 

出会いからセックスまでの過程のいくつか、それをとばすことはできないですし、焦りは禁物です。
ただし、ここで紹介したように短縮することは可能です。