女性との駆け引きにおいてメールやLINEは非常に便利です。

メールやLINEなどでのアプローチの仕方

絵文字やスタンプで飾る

男性の場合、女性に比べて絵文字やスタンプを使うことは少ないですが、狙った女性に対しては、むしろ絵文字やスタンプを使い、飾ったメッセージを送るべきです。
ただし、ギャルのようなあまり極端な絵文字やスタンプは引かれる可能性があります。

 

基本的には文末の「。」の代わりに使う程度で構いません。
絵文字やスタンプを使うことで、凝ったメールを女性に印象付けることができますし、事務的な冷たさを感じず、特別な想いを込めたメッセージに思わせることができます。

 

 

送るタイミングの駆け引き

例えば「毎日夜9時にメールを送る」、これを繰り返せば、女性は男性のメールのパターンに気づきます。
そうすることで、毎日夜9時にくるメールを待つようになります。
今度はパターンを把握された頃、わざと数日間何もメールを送らないようにします。

 

そうなると、女性は「どうしたんだろう?」と疑問に感じるようになり、いつの間にか男性からのメールが気になるようになるのです。
ただ適当にメールを送りたい時にだけ送っていては、メールを印象付けることはできません。
この例のように送信のタイミングで駆け引きを行い、男性からのメールを意識させることを狙ってください。

 

 

好意を遠まわしに伝えるアプローチ方法

メールやLINEのやりとりで親密度は上がっていき、さらに男性の好意を女性に遠まわしに伝えることで、女性にその男性のことを意識させることができます。
もちろん本当の目的はSEXですから好意とは別物ですが、実際にSEXするためには、女性に男性のことを好きになってもらわなければならないので、これは一つの作戦です。

 

メールイメージ

そんなアプローチ方法ですが、一般的にはデートに誘ったり、褒めたり、ハートマークを使用することです。
しかし、そんなことは当然ですし、敢えてここで説明しても、何の参考にもなりません。

 

そこで、独特で人間の心理を利用したアプローチ方法を紹介します。

今電話していい?」、このメッセージを送ることです。
本来友達にはいきなり電話をかけますが、人間なぜか好きな異性に対しては、電話をしたくなった時にこのメッセージを送って許可をとる傾向があります。

 

つまり、このメッセージを送ることで、「私のことが好きなのかな?」と確実に思わせることができるのです。

 

ちなみにその後の電話はどんな話題でも構いませんが、せっかくならその時にデートに誘ってみてはいかがでしょうか。

 

ただメールやLINEを送るのではなく、これらの点を意識して送るようにすれば、
男性の好意を女性に感じさせ、また、同時に女性も男性のことが気になるようになります。