女性をセックスしたいと思わせるためにやるべきことを考えていきましょう。

女性と出会ってからセックスするまでには、いくつかの過程があり、
それぞれの過程で正しい言動を選ばなくてはなりません。

 

もちろんお互いが一目惚れするような運命の出会いもありますが、
現実的に考えれば、女性の心理をうまく読み、いわゆる作戦を立てた上で行動しなければならないのです。

 

 

カッコイイだけではSEXできない

女性とセックスするために必要な条件はたった一つで、それは女性にセックスしたいと思わせることです。

 

ではどうすればそう思わせることができるのでしょうか。

例えばイケメンのカッコイイ男性、確かに女性はカッコイイと感じるでしょうが、それがSEXしたいという気持ちには繋がりません。
最も男性の場合は、かわいい女性を見るとSEXしたいと感じたり、胸元に注目してしまうものですが、ここは男性と女性の違いがハッキリと分かるところでもあります。

 

このため、ルックスに自信がある男性でもそれで慢心していると、出会いは叶ってもSEXまで辿り着くことはできないのです。

 

 

SEXへの誘いは恋愛よりも難易度が高い

天秤

特定の女性に対して付き合いたい時とSEXしたい時、これらを比較すると後者の方が難易度は高くなります。
これらの比較は言いかえれば、“女性を好きにさせる”と“女性にセックスしたくさせる”の比較であり、
セックスしたくさせることの方が作戦としては遥かに難しくなるのです。

 

男性に対して“好き”ではなく、“SEXしたい”と思わせなければ、当然その女性とSEXすることは叶わないわけで、
ここで重要になってくるのは女性の心理を見抜くことです。

 

つまり、恋愛のように攻めオンリーでは、いくらその男性が魅力的でも、目的は果たせないことになります。

 

 

気分や雰囲気を味方につける

SEXに誘うのが難しいのは、女性の気分次第が重要になってくるからです。
極端な話、丸一日SEXしたいと思っている女性はいないわけで、SEXしたくなるタイミングは限られています。
また、SEXをしたくなるには気分や雰囲気が関わっており、その雰囲気をいかにして見抜くかが大切ですし、SEXしたい雰囲気自体を作りだすことも大切なのです。

 

これもやはり女性を心理を見抜くことが成功の秘訣ですし、そのためには、その女性のことをよく知らなければなりません。
このため、ストレートにSEXに誘うのではなく、いくつかの過程を経て女性の性格を知り、そこから心理を見抜き、その上で効果的な口説き方をしなければならないのです。

 

 

会っていない時の重要さ

男性と一緒にいれば、当然女性は嫌でもその男性の存在感が強まります。
しかし、一緒にいない時に存在感がなければ、女性はその男性に対する感情は弱まってしまいます。
つまり、会っている時はもちろん、会っていない時にも男性の存在感を高めることが大切になります。

LINE

 

現代はそれを容易に叶えることができ、それに効果的なのがメールやLINEなどのメッセージのやりとり、もしくは電話での会話になります。

 

このため、会っていない時にはこうしたコミュニケーションを欠かさず、徐々に男性の存在感を強めていくことが、女性をSEXに誘う上での足掛かりになるのです。

 

 

これらの点から考えると、女性をSEXに誘うにはいくつかの過程が必要になります

いきなり欲望のまま誘うのではなく、会ったりLINEをしたりと、こういった積み重ねで男性の存在感を高めていき、最終的にSEXしてもいいと感じさせるのがコツです。

 

そうなると問題になってくるのが、具体的にどういった内容のLINE、どういったデートをこなせばいいかということです。
ここでは、それらに対する攻略法を中心にして、出会うための手段から初対面の女性の接し方、SEXに誘うまでのコツを紹介していきます。